ビーズソファーの代名詞を徹底レビュー!

ヨギボー快適Life

ヨギボーソファ

【子供用におすすめ】ヨギボーピラミッドの特徴と大人でも使えるかを徹底検証

更新日:

初めてヨギボーを調べた人は

「商品ラインナップがよく分からないな?」

と思われる方が多いようです。

実際、

「ミニ?ミディ?マックス?ピラミッド?
 どれをかえばいいの?」

という方が多くいます。

とくにピラミッドは価格も安く「試してみたい」という方に注目されやすい商品です。

ヨギボーを利用している私にも

  • 「ヨギボーピラミッドって安いけど小さい。」
  • 「ヨギボーピラミッドとミニってどうちがうの?」
  • 「大人でも使えるの?」

とよく聞かれます。

実はヨギボーピラミッドは大人にはおすすめできません

サイズが小さすぎるためです。

  • 「ではどんな人がヨギボーピラミッドに合っているの?」
  • 「私はどのヨギボーを買えばいいの?」

と思われた方はぜひこの記事を読み進めてください。

ビーズソファーは用途に合わせて買わないと全然 満足できない商品です。

「失敗した!」

とならないためにも絶対チェックしてくださいね。

ヨギボー ピラミッドは「子供向け」「部屋のコーナー」におすすめ

ヨギボー ピラミッドにはまず知っておきたいポイントが2つあります。

  • 子供用のソファーとして使える。
  • 部屋のコーナーに使える。

この2つのポイントに関して解説していきますので、これを読んで購入後のイメージを膨らませる参考にして下さい。

使い方1:子供用のソファーとして使う

子供の為に作られたビーズソファーということもあり、子供がくつろぐのにちょうどいいサイズです。

子供の体に対してビーズソファーのサイズが大きいと座った時に部分的に体重がかかってしまうので体が沈みすぎて窮屈になってしまいがちです。

その点ヨギボー ピラミッドは長さと幅が76cmと小ぶりなので子供が座った時にソファー全体に重さが分散されて沈みすぎる事なく安定した座り心地になります。

また、重さも3.1kgと普段使っているランドセル(中身有り)と同じくらいなので気軽に持ち運ぶことが出来ます。

使い方2:部屋のコーナーに使う

ピラミッド型なので、部屋のコーナーにピッタリおさまります。

他のビーズソファだと楕円形がほとんどで、

  • 置き場所に困ってしまう。
  • 部屋のインテリアと合わず違和感がある。

といった問題が出てきてしまう事があります。

しかし、ピラミッド型(三角)でコーナーにピッタリおさまることで今までのビーズソファーのようにデッドスペースが生まれません。

そして、部屋のコーナーで使う事でしっかりとした背もたれが出来るので、読書やテレビを見たりと長時間座っていても腰が痛くなりにくいという利点があります。

更に、カラーもレッドやピンク等の明るい色からブラウンやグレー等の落ち着いた色まで多種多様なので、明るい色で部屋の差し色にしたり、落ち着いた色で統一感のあるインテリアにしたりと色々な楽しみがあります。

大人が使う・ビーズソファーの快適さを求めるならヨギボー ミニがおすすめ!

ヨギボー ピラミッドは小ぶりで持ち運び便利なので大人も使いたくなってしまいますが、小ぶりだということは「ビーズの量」が少ないという点を忘れてはいけません。

ビーズの量が少ないと大人の体重を支えた時にソファー全体に負担がかかってしまいすぐにビーズが潰れてしまい結果ヘタってきてしまいます。

それに比べてヨギボー ミニはヨギボー ピラミッドよりもサイズが大きくビーズの量も多くなるので体重を支えるビーズも全体ではなく部分的となり、座る角度を変えながら使う事でビーズにかかる負担が分散出来るのですぐにヘタる事はなく長く快適に過ごせることになります。

また、サイズが小さいと窮屈感を感じてしまう事もあるので「ゆったりとくつろぐ用のソファー」を求めるのであれば「ヨギボー ミニ」をおすすめします。

  金額 重量 サイズ(長さ×幅×高さ)
ヨギボー ピラミッド 14,080円(税込) 3.1kg 76cm×76cm×66cm
ヨギボー ミニ 17,300円(税込) 4.2kg 85cm×70cm×45cm

ヨギボーピラミッドの特徴

ピラミッド型で一番高いところで66cmあり、座った時に背もたれになりゆったりくつろぐ事が出来ます。

写真のように小柄な女性であれば背もたれの部分もしっかりとありフィットするのですが、若干窮屈な印象です。

(窮屈な状態で長時間座ってしまうと腰痛の原因になることがあります。)

ヨギボーミニの特徴

長さが85cmあるので、座った時にしっかりと身体を包み込んでくれます。

写真を見てもヨギボー ピラミッドとは違い大柄な大人でも窮屈感はなくゆったりとくつろげる事が分かります。

高さが45cmとあまり無いように思えますが、座る面を工夫する事で背もたれも出来ます。

ヨギボーピラミッドとヨギボーミニの比較結果

ヨギボーピラミッドとヨギボーミニを見比べてみると、ヨギボーピラミッドは小柄な大人であれば使うことが出来るがゆったり感が少なく、ヨギボーミニは大柄な大人であってもゆったりとくつろげる事が分かります。

やはり、ヨギボーをよりゆったりと使う為には

  • ヨギボーピラミッドは子供用
  • ヨギボーミニは大人用

と分ける必要があると思います。

もし大人がヨギボーピラミッドを使う場合は、他のサイズの大きなヨギボーソファーと合わせてマクラのようにしたり、背もたれとして使ったりと「部分的に使う」のであれば快適に使えるのでこの方法をおすすめします。

「ヨギボーミニ」が気になる方は「【口コミで失敗しない!】ヨギボーミニの正しい使い方と特徴の全て」をご覧ください。口コミや具体的な特徴を紹介しています。

ヨギボーミニの使い方
【口コミで失敗しない!】ヨギボーミニの正しい使い方と特徴の全て

「ヨギボーは高いから慎重に買いたい」 マイクロビーズでヨギボーは有名ですが、ニトリや無印のビーズソファーと比較すると価格が高いのが気になります。 そのため へたらないの? ヨギボーの方が使い心地がいい ...

ヨギボー ピラミッドの評判は「好評価ばかり!」

ヨギボー ピラミッドについて口コミサイトやレビューを見てみると、とても評判がよくリピート率が高い事が分かります。

購入する前にレビューを見ると購入後のイメージを思い浮かべやすいので是非一度確認してみてください。

ここでは、数ある口コミサイトの中からいくつかレビューをピックアップしたので、これを見てヨギボー購入のイメージを膨らませてみてください。

参考になること間違いなしです。

ヨギボー ピラミッドの良いレビュー2個

リピート購入です。

ちょうどいいサイズで、値段もお手頃!

移動も楽なサイズで、おすすめです!

参考URL:https://review.rakuten.co.jp/item/1/321860_10000107/1.1/

お手頃な金額なので複数購入される人も多いようです。

家族分を色違いで揃えてそれぞれの部屋で使い、リビングでくつろぐ時には自分用のヨギボーでくつろぐ事が出来ます。

家族に1つのヨギボーだと取り合いになる事が多いので、それぞれ自分用を持ったほうが安定して使えてくつろげます。

大きすぎず程よいです。

匂いも割とすぐとれました。

参考URL:https://review.rakuten.co.jp/item/1/321860_10000107/1.1/

ビーズソファーは最初のうちはビーズ(発泡スチロール)の匂いが気になるものなのですが、すぐにそれがなくなるのは嬉しいポイントです。

どうしても匂いが気になる場合は、陰干しをすると匂いが落ち着くので是非試してみてください。

ヨギボー ピラミッドの悪いレビュー1個

背もたれはちょっと物足りないですが、大人でもソファとして使えます。

体が沈み込んで自由にフィットさせることができ、とてもリラックスして座れます。

参考URL:Amazonレビュー

大人が使うとやはりすこし物足りなさを感じるようです。

しかし、しっかりとフィットするのでリラックス出来る事が分かります。

ヨギボー ピラミッドのカバーは「16」色で部屋のアクセントカラーにGOOD!

レッドやピンク、ライムグリーン等の明るい色からグレーやブラック、ホワイト等の落ち着いた色まで幅広いカラーバリエーションがとにかく魅力です。

これだけたくさんのカラーがあれば、「自分の好きな色」「インテリアとして色を統一」などなど自分好みのヨギボーでくつろぐ事ができます。

さらに、カバーは外して洗濯が可能なので洗濯ついでに違う色のカバーに付け替えて部屋の印象を変えて楽しむことが出来ます。

レッド等の暖色系やアクアブルー等の寒色系を使いわける事で、季節に合わせて部屋のイメージを変えることができるので部屋の模様替えも気軽に行えます。

個人的なおすすめカラーを3色ご紹介します。

おすすめNo1:レッド

インテリアの中に暖色系の明るい色が入る事でアクセントになり部屋の印象を一気に明るくする事が出来ます。(人気カラーなので在庫切れになることが多いのでもし在庫があったら即購入したい色です。)

おすすめNo2:チョコレートブラウン

ブラウン系は温かみを感じる落ち着いた色でインテリアに合わせやすいので人気があります。

おすすめNo3:クリームホワイト

ホワイトだと少し冷たい印象になってしまいますが、若干黄味があるクリームホワイトであれば落ち着いた優しい印象になり部屋も気分も明るくなります。

ヨギボー ピラミッドをお得に買う方法は公式のネットがおすすめ!

ヨギボーピラミッドを購入する方法として、

  • 店頭購入
  • ネット購入(公式サイトやその他通販サイト)

この2つの方法があります。

店頭購入の場合、

  • 購入後持ち帰れるのですぐに使える。
  • 送料がかからない。
  • 自分の目で見て買える。

というメリットが複数ありますが、店頭購入ならではのデメリットもあります。

それは、

  • 欲しいカラーがあるとは限らない為何度も行き来する可能性がある。
  • 購入後カバーに詰めるため受け渡しに30分程度の時間がかかる。
  • 大きいので車に乗らない可能性がある。(車に乗ったとしても他の荷物が置けなくなるので他の買い物は出来ない)

このようなデメリットが上げられます。

一方、ネット購入の場合、

  • 自宅で買えるのでわざわざ店頭まで行かなくていい。
  • 自分で大きな荷物を運ばなくていい。
  • 購入後自宅まで運ばれてくる。

このようなメリットがあり、デメリットとしては、

  • 送料がかかる。
  • 商品の購入から自宅に送られてくるまでに時間がかかる。

この2点がデメリットとしてあげられる主な内容だと思います。

メリット・デメリットを見比べてみると、筆者個人としては自分の時間を割かないネットでの購入の方がメリットが大きいと思うのでオススメです。(個人的に、店頭で欲しいカラーがなくて帰るor諦めて他のカラーを買うという事が「お金と時間の無駄」だと考えているからです。)

しかし、最近では「公式サイト」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」等ネットで購入できる場所がたくさんあり、どこで買うのが一番いいのかが分からず適当に購入するサイトを決めている事が多々あるのではないでしょうか。

ここでオススメしたいのが「ヨギボー公式サイト」での購入です。

その理由として、「ヨギボー」購入に関しては、人気カラーが在庫切れになることが多いので在庫の確保数が多く再入荷されるのが一番早い「公式サイト」で購入するのが一番早く自分の欲しいカラーを買う事が出来るからです 。

やはり金額についても気になるポイントだと思いますが、公式サイト含む3社サイトの金額を比べてみました。

  • 公式サイト:17,300円(税込)
  • 楽天市場:17,300円(税込)
  • Yahoo!ショッピング:17,300円(税込)

以前は税抜の記載で価格が揺らいでいましたが税込価格を計算するとどこで買っても金額は同じです。

金額が同じなのであれば、わざわざカラーの在庫確保数が少なく再入荷が遅いサイトで買う必要性もなく公式サイトで早く欲しいカラーを買うのが一番いいのではないかと思います。

ヨギボー公式サイトで在庫チェックする

まとめ

ヨギボー ピラミッドのおすすめポイントは3つ。

①子供用ソファーに最適。

子供にピッタリなサイズでしっかり体を支えてくれてゆったり出来ます。

②部屋のコーナーで使うのにピッタリ。

コーナーの壁を使えばよりしっかりとした最適角度の背もたれで座れます。

③カラーバリエーションが豊富。

全16色あるので季節に合わせたり、インテリアなり様々なシーンに合わせたカラーにする事が出来ます。

大人も欲しくなってしまいますが、大人が使うには少しサイズが小さく、座ると少し窮屈感が出てしまうのでやはり子供用or他の種類と併用して使うのがいいかと思います。

大人の方はヨギボー ミニがしっかりと身体を包み込んでくれて、窮屈感も与えないのでこちらをおすすめします。

購入方法としては、「公式サイト」でのネット購入が一番おすすめです。

「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」等購入できるサイトはありますが人気カラーが在庫切れになった時に再入荷するまでに時間がかかってしまいます。

公式サイトであれば、在庫数も多く在庫切れになったとしても再入荷までの期間が短いのでどこよりも早く自分の好きなカラーを購入することが出来ます。

-ヨギボーソファ

人気カラーの品薄に注意!
【在庫チェックは今スグ】

Copyright© ヨギボー快適Life , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.